サイトメニュー

どうやって申し込むか

聴診器

これからインシュランスに申し込んでみよう

うつ病関連の保険に加入すれば様々な補償が受けられます。例えば、就業不能保険であればもしも収入を失ってしまった際にも問題なく生活できます。こうした保険もいろいろとありますが、一体どのように加入すれば良いのか気になっている人も多いことでしょう。実際、加入はそこまで難しくありません。まず、加入する際には加入したい保険を探します。いろいろな種類がありますが、この店については後述しましょう。加入したいインシュランスを選んだら後は資料請求をします。インシュランス窓口で直接申し込めるものもありますが、店頭で申し込めばいろいろな話も聞けるので初心者におすすめです。後は申込書に記入していくだけですが、この際には過去の病歴などもチェックされます。単に宣誓すれば終わりのところもあれば過去の病歴が詳しくチェックされることも。この際に絶対に嘘をつくのは止めておきましょう。もしも虚偽の内容で申告すると実際に鬱病になった際に保険料が降りないことがあります。インシュランスの担当者はプロなので実際に過去に病気になったことがあるかどうかもわかってしまうものです。また、過去にうつ病などにかかったことがある場合であっても利用できるインシュランスもけっこうあるのでそこまで問題ないはずです。申し込んだら後は審査結果を待ちましょう。過去に精神病などの病気になったことがなければ基本的に問題なく診察を受けられるはずです。審査は早ければ数日で終わり補償が開始されます。この際にもらう証明書は大事に取っておくと良いでしょう。
うつ病関連のインシュランスにもいろいろなものがあります。それぞれで違いも大きいのでここでチェックしておきましょう。まず就業不能保険は最も有名なものです。就業不能保険は掛け金も安めで利用しやすくうつ病だけでなく幅広い病気やケガに対応しています。就業不能インシュランスの仕組みも簡単で、何らかの理由で仕事ができなくなって収入を失った際に保険料を毎月振り込んでもらえます。これにより働かけなくなった際にも収入が補填されるのです。この就業不能インシュランスは他の保険と組み合わせておくのもおすすめできます。とはいえ、何をもって「就業不能」とするのかは各会社によって微妙に異なってくるので気をつけてください。他に障害年金もあります。障害年金を用いることにより長い間補償が適用されるのが利点です。この障害年金を利用するのは手間もかかりますし、年金をしっかり支払っていないと利用もできません。障害年金はそこまで補償額も多くないことも難点かもしれません。審査にも時間がかかります。とはいえ、バックアップインシュランスとしては役だつこともあるでしょう。他のうつ病専門のインシュランスもあります。うつ病専門インシュランスであれば補償額も多いですし、鬱病時の高額医療費などにも対応しています。鬱病だけに限定されているので掛け金も比較的少ないです。とはいえ、鬱病だけに限定されているので他の統合失調症などになった際には困ることもあります。このような鬱病専門インシュランスも他の保険と組み合わせて利用することがおすすめです。

Copyright© 2019 うまくサービスを活用する〜その方法について All Rights Reserved.