サイトメニュー

長期治療に費用負担も軽減

医者と看護師

安心して治療に専念できる

健康な方でも突然かかるのがうつ病です。自覚がないまま進行してしまう可能性が多く、診療が遅れてしまうことも多いため治療も長引くことも考えられます。そうなると定期的に通うことになるので診察費の負担が気になるところです。確かに改善したいという気持ちだけでは治るものではないので、負担が大きいと余計に焦ってしまい悪循環になります。うつ病の診察内容は様々ありますが、薬を使ったりカウンセリングを行ったりすることが多いです。そのため診察費の他にも薬代がかかることが殆どです。その費用が不安になるかもしれませんが、うつ病の治療にも保険適用となるので全額負担にならないので安心です。街でよく見かける心療内科や精神科なども保険治療を扱っていることが殆どですので、よほど特殊なクリニックではない限り公費負担がある治療をしてもらえます。どんな治療が保険でできるかというと、通常の医師の診察に加えて薬もほとんどが対象となっています。カウンセリングなどは医師が行うと公費負担となりますが、カウンセラーの場合はほとんど自費負担となりますので注意が必要です。医療保険にあらかじめ加入している方も多いですが、うつ病まで対象としていることは少ないです。ただ、内容をよく確認すると仕事を休むことで収入がなくなることをサポートする生命保険や、うつ病も診断書付きで対象としているケースもあります。少しでもサポートがあると心の余裕も違ってきますので、活用できるケアは遠慮なく使いましょう。そのためにもまずは病院での診察が基本ですので、早めに受信しましょう。
うつ病で病院にかかり公費負担の保険を使うと、一般的な病院と同様に診察内容によって点数が決まっています。それに基づいて診察料金が決定されます。初診では問診が中心になりますが、この時には初診料と診察代がかかります。2回目以降は初診料の代わりに再診料と診察代がかかります。薬局では薬代が別途かかってきます。診察内容によって人それぞれ変わってくるので、皆が同じにはなりません。診察内容で点数は細かく決まっているので、前回と同じような診察なのに料金が一緒ではないことも多々あります。診察内容によって差が大きいので一概には言えませんが、3割負担と仮定すると初診では2000円台から3000円くらいが多く、薬を処方されれば別途かかります。再診では1000円台から2000円台となり、薬代も必要です。薬は処方される種類によっても異なるのですが、通常1000円台から2000円程度になります。そのため、週1回通院すると一ヶ月で1万円以上かかることもあります。すぐに治ることは少なく、ある程度通うので保険料の負担も考えておくことが重要です。うつ病はそれ単体だけではなく、例えば不眠症や過敏性腸症候群などを併発していることもあります。そうなれば薬の種類も増えるので、おのずと薬代が高くなってしまいます。保険適応で負担が軽減することは大きな味方になってくれます。しかし、もし自費診療のカウンセリングを受けるとなると決まった料金ではないので、クリニックによって大きなばらつきがあります。カウンセリング時間にもよりますが数千円程度が多いようです。

Copyright© 2019 うまくサービスを活用する〜その方法について All Rights Reserved.